明るい髪色に

後悔しない白髪染め

白髪染めっていうと、一般的には黒く染まるのがほとんどですよね。髪全体が白ければ、明るい色に仕上がることもあるけれど、白髪交じりの髪に白髪染めを使うと、白髪の部分だけが少し明るめに仕上がり、後は真っ黒・・という場合が多いんじゃないかな。もし髪色を明るくする白髪染めで染めると、もうちょっと黒が抑えられるのかな・・。黒い髪ってどうしても重く見えるので、できれば全体的に少し明るめの方が、長い髪の人は特に軽い感じでステキですよね。

私はあまり白髪がないので、普段は普通のカラーリング剤を使っていますが、髪を傷めない白髪染めがあったので、一度それで染めたことがあるんです。ブラウンを選んだのに、染めてみると真っ黒になって、ちょっと絶句してしまいました(-_-;)白髪用のブラウンってことは、白髪じゃない部分は黒っぽくなるってことなんですね。あまり深く考えずに使ったけど、あの時はほんと後悔しました。

それからは、白髪染めは使っていませんが、最近白髪が増え始めたので、また白髪染めを使ってみようかと思ってます。でも、以前の失敗を繰り返さないよう、今度はもっと明るめの色を選んで染めてみようっと。明るい髪って気分まで華やぎますからね。私は特に元々の髪が真っ黒なので、ブラウン系に憧れを抱いてしまうんです。