新たな視点の白髪染め

PHコントロールを髪に

白髪染めのPH値って聞いたことはありますが、このPH値って一体何を表すものなのかというと、0〜14の数値の中で、数値が低いほど酸性、高いほどアルカリ性に傾いているということを表すそうですね。中性だとPH値は中間の値となるため、PH7というのが中性なんだとか。

では髪が傷みやすいのは、酸性かアルカリ性かというと、アルカリ性の方が傷みやすいんですよね。だからといって、酸性の値に近づく白髪染めになると、染まらないというデメリットが・・。白髪染めで白髪を染められなければ意味がないし、弱アルカリ性くらいで染めることができるっていうのが、白髪染めに求められるベストな状態なのかもしれませんね。

でも白髪染めでアルカリ性に傾いた後は、直後にできるだけ酸性に近づくようPHコントロールをしてあげることが、その後の髪のパサツキを抑えるためには必須でしょう。白髪染めってかなり髪を傷めるものなので、白髪を染めてそれで終わりではなく、その後のヘアケアには、いつも以上に気をつかうことが大事でしょうね。そうやって丁寧にヘアケアしていると、白髪染めで傷んだ髪もどんどん元気を取り戻し、艶のあるキレイな髪質を取り戻すことができるんだろうなあ。

関連サイト


ガゴメ昆布ヘアカラートリートメントルプルプLPLPの通販サイト。ランキングでも評判のイマージュ白髪染めの成分・感想・体験談や安全性などを紹介します。
xn--e-feu1ac4b8o9b7c9ip427buosa.net/