レイクアルサのカードデザインはどんな感じなの?

今どきのレイクアルサのキャッシングはコンビニでお金を借りることができるものがたくさんあります。

コンビニのATMなどですぐに借り入れができるので、買い物をするついでにキャッシングも出来て、評判がいいです。

お金を借りるのも返すのも、コンビニから可能である場合が多いでしょう。

レイクアルサのキャッシングはカードなしだと使えないわけではないようです。

カードを使わないキャッシング方法も選択できます。

カードを使用しない場合は自分が持っている口座へと直接、送金してもらうという手段によって口座にいち早く入金したいという人にはイチオシの方法です。

審査には必ず、記入した勤務先に在籍確認という申込者が本当にそこに勤めているかが確かめられます。

勤務先とされる先へ業者が電話を掛けますが、電話口に自分が出なくても問題ありません。

もし在籍確認の際に勤務先にいなかったとしても、間違いなく在籍していると確認さえできれば在籍確認は認められます。

カードローンやキャッシングなどでは、延滞だけは避けるようにしなければいけません。

遅延損害金が加算されるため、損なだけでなく、支払いが何度か遅れると、金融機関のブラックリストに載ってしまうと利用停止や新規契約不能という困った事態に陥ってしまいます。

忙しくても返済できるよう24H営業のコンビニと提携したり、会社側でも利用者の便宜を図っているので、計画通りに入金していきましょう。

延滞の許容範囲はどのくらいかと考えるより、まず、延滞しないことを忘れないようにしましょう。

借金は過払いが起こりやすいもので、知らないうちに返しすぎという状態が発生していることもあります。

もし払い過ぎになっていると気づいた時には、急いで弁護士に相談してみてください。

会社から過払い金を手に入れる段が進めば、返還されることがあります。

小額のキャッシングでも分割ではなく一括返済を認めているところであれば、中には利息がかからずに借りられる期間を設けているところもあるので、是非確認しておきましょう。

借りた分を全額、無利息期間内に返済してしまえば金利がかからずに利用できるので急用があった場合やすぐにお金が欲しい場合に大変便利です。

一度に返済が難しい場合でも、利息がかからずに返済できる金融機関であればキャッシングも使い方によってはお得になる場合もあるので、申込みする前にいくつか比較してみましょう。

キャッシングで借りたけど、忙しくて返済に行けないうちに期日が迫ってくる! そんなときにはコンビニのATMで返せることを思い出してください。

そんなことできるの?と思うかもしれませんが、もう随分前から常識です。

仕事を抜けて銀行や金融ATMまで行く必要もなく、時間もかかりません。

出張や旅行先などで遠方にいるときでも大丈夫。

よく知っているコンビニのほとんどで返済できる点も良いですね。

コンビニの最大の利点は24時間営業です。

これなら返済日を過ぎて延滞がつくなんてこともなく、安心です。

でも、できれば、あまりヒヤッとしないほうが良いですね。

現在、カードローンを組んでいます。

それも二つの消費者金融においてです。

一社は十万円、もう一社が二十万円で組んでいて、毎月の返済に、二社合わせて二万円を充てているのです。

ところが、どちらの業者も最大利子での貸付でしたから、利子を含めた返済額が減らない為、完済の予定が立ちません。

他の消費者金融で借り換える事も考えたのですが、どの消費者金融でも、審査の段階で断られてしまいました。

金額的には小さいのですが、無計画のままカードローンに手を出してしまったことで、とても苦しんでいます。

借入れには利用できる枠が決まっていて、それは各人の収入の額に合わせて決められているのが、一般的です。

そのため、収入があればある程、限度額が大きくなり、より多くのお金を借りる事が可能です。

そうはいっても、それぞれの会社によって、その判断基準が異なるので、注意が必要です。

ときどきカードローンについて相談をいただくのですが、借金に対する陰湿なイメージは、ちょっとおかしいように感じます。

滞納と借金のイメージを完全に同一視しているのではないでしょうか。

働く女性の低収入は以前から言われていることですが、そういった人が必要な額を必要なときにだけ借りるのなら、陰口を言われたり、本人が後ろ暗く思う必要はまったくないと思います。

借金を奨励はしませんが、借金苦と借金は別物だと周囲も認知すべきです。

また、金融業界としても積極的なイメージアップを図り、こうした人たちに向けた新しいプランを提供していく姿勢が求められると思います。

昔のレイクアルサカードは、カードの表面を見るだけで消費者金融とわかるようなデザインで、持っているだけで恥ずかしい、後ろめたいという感じでした。

この時期の消費者金融は、法定外金利で融資をしていたということもあり、イメージは最悪でした。

しかし、貸金業法が改正されて、レイクアルサも健全経営になりイメージチェンジ、イメージアップに力を入れ始めました。

その一環として、カードデザインを消費者金融のものとは思えない、シンプルなものに変えました。

緑を基調にしたレイクアルサカードは、非常にシンプルで、表面には「LCARD]と記載されているだけで、一見すると、どこかの会員カードと思ってしまいます。

財布に入れていても違和感はありませんし、人に見られてもレイクアルサのカードと気が付かれることはありませんよ!

参考:レイクALSAの審査は厳しい?【審査基準や条件どう??】