住宅ローン相談はどこでやっている?

現在のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換え審査に際して必要なものが多いです。

提出書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の返済中の通帳の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる印鑑証明書などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる間取り図などの書類になります。

勤務先・役所で取得する書類は用意しやすいですが登記簿謄本や売買契約書などは普段見慣れないのではないでしょうか。

ここに挙げたのは主な分類なので金融機関によっては他の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

住宅ローン借り換えに関してネットで調べていると気になる事実を発見しました。

今、住んでいない住宅の場合は住宅ローンが組めないということです。

どういった場合にそういったことが当てはまるかというと転勤することになって賃貸料と二重になってキツイので、金利が低くなったから借り換えをして支払額を少しでも抑えようと思ったときです。

なぜ出来ないかというと、住宅ローンは自身の居住のための資金を対象にしているからです。

そのため、住宅ローン以外の金融商品を探しても借り換え前よりも良い条件のローンは見つからない・組めないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際なども同じことが言えます。

住宅ローンを組む際に固定金利のフラット35を利用した方の中には全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識があるようです。

実は借り換え融資プランもあるので住宅ローン借り換えをフラット35同士で行うとお得な場面が多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になる計算です。

よく借り換えで説明されているのが固定金利から変動金利に借り換えをする場合が多いです。

変動金利の方が1%から2%低く設定されていることが多いのでお得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利なら金利変動リスクの心配はありません。

1度組んだ住宅ローンを別の住宅ローンにする住宅ローン借り換えですが1回組めたから借り換えする時も大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちる場合もあるんです。

基本的には最初のローン審査時と職場や年収が変わっていなければ転職して年収が下がっているなどといった場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初のローン審査時よりもカードローンや教育ローンなどローンの数が増えている、他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

そのため支払い期日のあるものは必ず期日までに払うようにしましょう。

夢のマイホームを購入する時、大半の人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が多くて困っている方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えを行うことです。

ただ借り換えのメリットで今よりも得することを考えると当然、今借りているローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際のメリットの計算方法については各銀行でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

ただ、計算した際の注意点として、シミュレーションを使って20万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていて結果的にあまり得にならなかったということもあります。

様々なローンを利用する際、必ず確認するのが金利です。

その際、悩みの種が金利が固定か変動かではないでしょうか。

金利だけを気にすると変動の方が低く設定されていることが多いですが変動というふうに記載されているように金利が定期的に変わるので場合によっては、固定制の金利よりも高くなってしまい、支払額が想定以上になってしまうなど計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合はおそらく変動を選ぶことになると思います。

固定では、ローン期間中ずっと同じ返済額になるので計画を立てやすい、急激に金利が上がっても心配ないというメリットもあります。

他にその中間とも言える3年間、5年間などの固定期間選択制というものもあります。

家計を圧迫するとよく相談のある住宅ローンですが中には、組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったら低い方に変えたいですよね。

ただ、金利だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは消費者ローンの借り換えとは違い登記をはじめ、いろいろな費用が発生しますので、費用を含めて計算してみたら逆に損していたということもあります。

各ローンページにあるシミュレーションでメリットがあるかを確認してから行いましょう。

参照:住信SBIネット銀行住宅ローン借り換え口コミは?【審査甘い?】

借り換えをする際の基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収を越した時です。

住宅ローンを組んでいる方にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から戻ってくる制度です。

借り換えをする際に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントと専門家も言っています。

ローン控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないことなどがあります。

ローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満の場合、戻ってくる所得税よりも支払っている金利が大きくなります。

月々のローンの支払額を低くしようと思い、住宅ローン借り換えを行うことがあります。

気になるのはその場合、今までの火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンで融資を受けている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える場合は別の保険を契約することもできます。

もし、そのまま継続するのなら保険金の見直しもしておきましょう。

住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、あまり見直しなどを行う人が少ないので内容を見直すのもいいのではないでしょうか。

住宅ローンの返済で大変というと人の中には住宅ローン借り換えをして利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

その際に、新しい住宅ローンを探すことになりますがどんなメリットをもとにローンを選べば良いのでしょうか。

具体的に、どういったメリットで選ぶかというとひとつは保証料がかからないことです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%」と言われています。

一円から返済できる、といったことが大切です。

他にも。

一番大切と言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も少なくなっていきます。