ワイモバイルにも解約金はある?

知名度の低いワイモバイルの場合、解約する際にかかる解約金を安価にしたり、契約の期間を短くしたりして試用期間を利用するようにすれば、契約の数がかさんでいくと考えられます。
安い料金に魅力を感じても、1年以上の契約の期間があったりすると、すぐに契約に踏み出せないものです。
ワイモバイルは維持費が安くても3000円は下りませんが、複数のデバイスを持っている場合には、500円のディスカウントという特典があります。
そして、解約金がかからなかったりと、それ以降の契約が得になります。
よって、これからは、今までの、各キャリアに代わり、普及率が向上していくと思われます。
ワイモバイルに光乗り換えすることによって、今の携帯料金に比べて相当安くなると宣伝されているのを見かけます。
しかし、本当に安くなるとは断言できないのです。
また、パケ放題のプランがない上、他社と同じように7GBまでの制限付き6千円程度かかりますので、お得感があまりないこともあります。
プロバイダの月額料金が安くなるといわれて、今のプロバイダに変更したのですが、失敗したと思っています。
確かに、値段はかなり出費が減りました。
しかし、しばしばネットにつながらなくなってしまったり、速度が低下したりで、前のプロバイダの方が断然ストレスがなかったのです。
プロバイダを光乗り換えたのは安易な考えだったと、悔やむ気持ちです。