手相占いでみる結婚運とは?

手相占いで結婚運をみる場合、運命線・生命線・結婚線の3つの線から結婚に関する時期や回数をみていきます。
結婚線とは、小指の下に小指側から薬指の方向へ横に伸びる線のことです。
左右の手を合わせて、ぴったりと同じ位置にある線が結婚をする時期を表しています。
結婚線が何本もある場合は、結婚という形式だけではなく、精神的・肉体的な異性との強いつながりなどを表しています。
親指と人差し指の間から手首に向かって流れるハッキリとした線が生命線です。
生命線でも結婚運をみることができます。
この生命線から薬指に向かう視線が出ていて、その地点から二重生命線になるような細い線が出ていれば、女性の場合、ほとんどが結婚できるといわれています。
結婚の時期は運命線をみて占います。
手のひらの中心部を手首側から中指の方向に向かって流れる線が運命線です。
運命線に月丘方面から合流する細い線があり、さらにその線から薬指に向かう細い線があれば、その接点の時期に結婚することを表しています。